おはようございます輸入車専門店グロースです<(_ _)>

 

 

今朝もグッと冷えている札幌

明日からは少し気温が上がるみたいですが・・・

寒い:;((っ°ө°c));:

 

昨日はM様 ボルボの納車仕上げをしていた私

グロースはドイツ車がメインなので 初めてのボルボ

 

 

ボルボといえば「世界1安全なクルマ」として有名なスエーデンの自動車メーカー 今回のクルマはXC70といって BMWでいえば5シリーズのワゴン アウディならA6アバントと同格になります

ドイツ車はどのメーカーも 高速走行でも快適かつ安全に乗れるクルマ を意識して作っているのでシートのホールド感や高速走行時の安定性は抜群です

そんな拘りのあるドイツ車が好きでメインでの取扱をしている訳ですが

今回初ボルボに触れてみて ボルボの拘り を感じました

 

最初に感じたのが ドアの重厚感

普段ドイツ車に乗っている私でも おっ と感じるくらい重たい

スエーデンの冬は非常に寒く 路面が凍結した道路を横断するシカ(体重250kgのヘラジカ)との衝突から乗員を守る為に「丈夫なクルマ」を開発したそうです

 

そしてリアシート

 

 

高級感漂うブラウンレザー

座ってみると まるでソファに腰掛けているかのようなフカフカ具合

そしてシートにあるレバーを引いてみると

 

 

小さいお子様がいらっしゃる方はもうお気づきだと思います

 

 

そうジュニアシートが標準装備です

これには驚きました

 

大人しか乗らないなら必要ないじゃん・・・と思うかもしれませんが

私が驚いたのは 必要か必要じゃないか という事ではなく

スエーデンでこのXC70を購入するのはファミリー層 日本でいえばミニバンのような感じですかね

小さい子供でも快適に乗れるクルマ というところまで考えて作ったんだ・・・というところ

 

乗員の「安全と快適」を1番に考えてクルマを作るボルボ

高速走行での「安定と安全」を1番に考えてクルマを作るBMW(ドイツ車)

 

どちらにもクルマ作りに対する強い「拘り」を感じます

輸入車ってこういう自動車メーカーの 拘り を感じながら乗るのも楽しみの1つだと 私は思います

国産車にはない 輸入車の魅力 皆さんも感じてみませんか?

お手頃価格の輸入中古車のことならグロースにお任せ下さい☆*:.

それでは本日も宜しくお願いいたします

( ´ ▽ ` )

恵田 智士

恵田 智士

輸入車大好き!代表の恵田と申します。 普段はBMWやアウディなどドイツ車をメインに乗っていますが、自宅には趣味で使用しているアメ車がある「生粋の輸入車好き」です♫ 輸入車は故障する…とよく言われますが、そんな事ありません!ご納車後の安心をお約束する「長期保証」も取り扱っておりますので、輸入車に乗ってみたいけど…と迷われている方は、是非その扉を開けてみて下さい!そこには国産車では見る事ができない素敵な景色が皆様の事を待っているはずです。輸入車の事は「輸入車専門店グロース」にお任せ下さい!

ABOUT

グロースについて

STOCKS

在庫情報

BLOG

ブログ

CONTACT

お問い合わせ